特別支援教育

特別支援教育コース

子どもたちは、まさに十人十色、百人百様。ありのままで多様です。

そうした一人ひとりに、しっかりと向き合いたいという願望が、本格的に特別支援教育を学ぶきっかけとなりました。

教える側が学ぶこと、知ること、気付くことにより手立てが見つかります。

「私たちの教え方で学べない子には その子の学び方で教えよう」 

これは、日本LD学会でご活躍の上野一彦先生の箴言です。

特別支援教育士の資格を取得した今も、学びへの熱量は増すばかりです。

ご一緒に、お子様の成長に関らせて頂ければ幸いです。

特別支援教育事例

Aさん(高校生男子)

小学4年生より入塾。保護者の要望は「国語が心配。語彙力、読解力を伸ばしたい」とのこと。

「ことばの学校」の受講からスタート。5年生途中から中学受験に切り替え、見事合格。

引き続き「ことばの学校」「論理エンジン」を受講している。恐竜に関心を持ち続け、1枚の紙から立体の恐竜を折り上げる驚きの特技を持つ。

Bさん(小学生男子)

入塾2年目。大人が使うレベルの言葉を使って反発する。うまくいかないと集中力が途切れ、ノートを破いたり、椅子を蹴ったり、毒舌を吐く。しばらくすると、わが身を反省し、元に戻ろうとするやさしさとバネを見せる。

十分にコミュニケーションを取ること、要望は叶える前提で、事前に約束をし、暴走の歯止めにすることを基本にしている。また、学校の担任の先生とも保護者を介して連携。宿題を共有することで、進度の確認と見守りの輪の拡大を図っている。

Cさん(小学生男子)

「ことばの学校」を受講目的に入塾して3年。読んだ本は100冊に及ぶ。その間、漢字検定9級合格、算数検定は10級を勝ち取り、次は9級にチャレンジ予定。ご父母の地道なサポートあっての成長を感じる。

読書の後のワークの取り組みは、音読を推進して、語彙や論理力を獲得するコーナーとしている。

Dさん(小学生男子)  

次から次に考えが浮かび口に出すので言わば朗らか。決して否定せず彼持ち前の向学心に誘導。

算数は良好だが、国語が課題。「ことばの学校」「論理エンジンキッズ」、英語を受講。

色彩感覚も優れ、カラフルな色使いで楽しませてくれる。正直なので宿題の加減に注意している。

Eさん(中学生女子)

小学高学年より不登校に。集団は苦手だが勉強は続けたいとアゴラ生として週に2回通塾している。

自分の意志を強く持ち、自分磨きを忘れない。思いの表現は未だすることは難しいが意思表示はできる。

彼女の表に出ない思いを信じて、アゴラが居心地の良いところになるよう声掛けを励行している。