因果で織り成す歴史の流れ

NHKで不定期に上映される「映像の世紀プレミアム」。

録画しては欠かさず見ています。

膨大なアーカイブから編集され、実録映像が歴史の審判として迫って来る貴重な番組です。

今回のテーマは、「世界を変えた女たち」。

20世紀初頭、女性たちは、男性中心社会の中で立場も存在意義も認められていませんでした。不思議と洋の東西を問わないのです。

女性の役割は家庭内に留まって家族をサポートすることとされ、ある限度以上に社会に出るべきではないとされていました。

それを変えていったものが、自由を求める女性自らの先覚の声と、女性たちの数や力を銃後として宛てにせざるをえなかった2度に渡る大戦争でした。

歴史の流れは、原因・結果更に原因・結果と繋がり、それを証明するように具体的に、生き生きと繰り出される映像は圧倒的な説得力で迫ります。

近年に至り、記憶に新しい事件が起こります。

タリバンに襲撃され瀕死の傷を負ったシリアのマララさんが、国連で挨拶した場面。不屈の信念には胸を打たれます。

更に、史上初のアメリカ合衆国大統領女性候補、ヒラリークリントンの登場。

彼女の敗戦の弁が心に響きます。

「これまで成功も失敗も、時には深く傷つくこともあった。このガラスの天井はどこまでも高く頑丈です。でも、いつの日か誰かがきっと、私たちが考えるよりも早くそれを打ち破ってくれるでしょう」さらに

「女の子たち、忘れないで。あなたたちが掛け替えのない存在で、大きな力を持っていて、この世界のどんなことにも挑戦する資格があることを。あなた自身の夢を追いかけ実現してください」とありました。

ものごとは一挙に変化するものではないが、諦めなければ必ず達成するとのメッセージです。長い歴史の波の中で、バトンを渡すように繋がりながら実現して行くものなのでしょう。

尊敬する人に続こう、友と手を繋ごう、そのためにできることは何なのか、心を新たにする学びがありました。

学び・思考の最新記事8件