センス(S.E.N.S)の最終試験

本日、「特別支援教育士(センス)」資格認定試験の筆記試験がありました。

年に1回、万を持して臨む受験者は全国各地から。

結果通知は明年2月末とのこと。

会場の明治学院大学は何度も受講に通った周知の場所です。

必須の30単位を取り終え、実習に合格したとは言え、

改めて勉強しなおす随所に、発見と感動そして納得がありました。

テキストには、

「『発達障がいとは何か?』 という根源的な問いは

歴史的変遷、医学や科学・技術の進歩、法的整備等に伴って変わっていくものである。

国や地域によっても異なる。

他の障害と比べても特にその変化の大きい障害であろう。

したがって少なくともしばらくの間は、この問いを問い続け 

その時々の最善の回答と対応をしていく必要がある。」とあります。

とても印象的な一文です。

今後の変化・発展を窺わせるものであり、継続した学びを決意しました。

ともあれ、受験に至る今日までの奮闘の日々、

我と我が身をしばし労いましょう。

え~、手応えですか?

それは、ある様な、無い様な・・・ありませーん( ̄Д ̄;;

学び・思考の最新記事8件