手袋を買いに

「里にいでて 手袋買いし 子狐の 童話のあはれ 雪降るゆふべ」

狐、と題した美智子皇后の御歌です。

何という童話か、おわかりでしょうか?

そうです。新美南吉の 「手袋を買いに」 という一篇です。

南吉童話は、美智子妃殿下のご愛読書のひとつとか。

昭和三十六年、福島県の山奥にある中学校の分校に新美南吉童話全集を贈られたとのことです。

新美南吉は大正二年生まれ。昭和十八年、わずか二十九歳で世を去りました。

彼の本は もちろん「ことばの学校」 にもリストアップされています。

塾長ブログ「アゴラの学び」の最新記事8件