読み書きが苦手な子どもへの支援

ひらがな、漢字の読み書き、文章の意味の理解、数字などに困難さを抱える子どもをLD(学習障がい)と呼びます。

これは、脳機能の問題で、決して本人の努力不足が原因ではありません。

果たしてどういう支援が有効でしょうか。

東京学芸大学の小池敏英先生のアドバイスは以下のとおりです。

因みに、アスポート(発達障がい児の明日をサポートする会)では、LD当事者の

          南雲明彦氏を講師に迎え、今秋11月に講演会を予定しています。

①まとまりで読む・・・読ませたい文章中のひらがな単語を書いたカードを作る

           このカードを読ませる

           本文に戻り読ませる

②イラストと一緒に・・・視覚的イメージを高める働きかけをする

            漢字の近くにイラストを置きセットで学ぶ

③部品で理解する・・・漢字全体を覚えるよりも部品に分けて組み合わせで指導する

           例   空=「ウ」+「ハ」+「エ」

塾長ブログ「アゴラの学び」の最新記事8件