グローバル化と小学英語

エデュケ―ショナルネットワーク社の主催で、2020年スタートの新指導要領に基づく小学英語の変化内容について説明会がありました。

担当講師の取材・研究からだけでは、文科省の意向と学校現場の温度差や現状、教員の力量の問題も絡み、予測の域を出ず、確定的・具体的イメージを結ぶことはできませんでした。

いよいよ明年から2年間の移行措置が始まります。

ご父母の懸念が声となって聞こえてきます。

戦後日本の英語教育の大きな変換期にあって、次世代の子どもたちに学習  

塾としてできることは何なのでしょうか?

今少し、慎重な判断のために時間と情報が欲しいところです。

塾長ブログ「アゴラの学び」の最新記事8件