総仕上げの学期到来!それは間違いなく次学年のステップとなる。将来を見据え、足元を確かめよう。地道に力強くスタートだ!

アゴラの屋号の由来

「アゴラ」は、ギリシャ語で「広場」の意味があります。開業した年がアテネオリンピックの2004年、多様な人たちが気軽に集まる場になればとの思いを込めました。そして、もう1つ。「アゴ」、そう私の出身県・長崎ではトビウオのことを「アゴ」と呼びます。空高くジャンプするトビウオを目にしたときの驚き、爽快さ。「魚は水中を泳ぐもの」との思い込みに気付く瞬間です。通塾してくる子どもたちに日々触れながら、彼らの可能性を信じ謙虚な気持ちで向き合いたいと思います。

NHKの朝の連続ドラマ「舞い上がれ」で、主人公・舞ちゃんの幼馴染・タカシが詠んだ歌のシーンがありました。

「トビウオが飛ぶとき 他の魚(ウオ)は知る 水の外にも世界があると」

身近な友が夢を追ってチャレンジする姿に、縮こまったわが身を振り返り、友をうらやみつつ応援する歌です。それはそのまま彼自身への励ましともしていくのです。

何やら、「アゴラ頑張れ!」とのエールを頂いた気持ちです。

塾長ブログ「アゴラの学び」の最新記事8件