ガンバリの先き

昨日は年に1回の漢字検定、その日でした。

アゴラでは毎年、漢字検定を夏休みのチャレンジ目標として設定、実施しています。

1か月も前から、受検の促しをしていますが、

おいそれと申し込みをしてくれないのが実情です。

さて、午後1時。三々五々に子どもたちが集まってきました。

その中に、お母様と一緒に入室してきた小学3年生のHくんがいます。

彼には発達障がいがあり言語理解に若干の弱さがあります。

今回は10級を申し込みました。

予め、過去の問題をひと通りチエックして、所どころできないものがあったそうですが、「やればできそう」と申し込みをOKしてくれました。

ご両親は大喜び。

お母様は毎日勉強に付き合われたご様子。

お父様は、検定当日、「きょうは寿司だぁ」と送り出されたそうです。

1か月後に合否の結果が届きます。努力が報われ喜ぶHくんとハイタッチしたいです。

子どもたちの最新記事8件